1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 2010年9月

レンタルde防犯ブログ

自宅のお風呂の安全対策はレンタルで

自宅のお風呂場で高齢者の事故が目立っています。
厚生労働省の2009年度の統計資料では、「不慮の事故」による死亡の中で、

65歳以上の高齢者が約2万8千件と、全体の72・50%を

占めたことが4日、厚生労働省の統計で分わかりました。

(2010/03/04 共同通信)

転倒・転落が7170件、浴槽でおぼれるなどの水死が6464件。

高齢者の自宅の風呂場での事故が多いとみられています。

近年、お風呂場の安全対策の見直しが必要となっています。
というのも、高齢者の水死事故の原因として、

入浴前後の室温差により血圧や心拍が大きく変動し、

失神したりするというケースが実際に発生しており、

特に木造住宅の方が、水死発生率が高いというデータも出ています。

万が一、血圧や心拍が大きく変動した場合・・・。
想像すると恐ろしくなりますが、実際に年間に6,000人以上の方が、

そのような恐怖を体験されています。

万が一、そのようなことが発生した場合、

本人はおそらく助けを予防とするにちがいありません。

しかし、血圧や心拍が大きく変動したとき、

実際に声も出ないくらい苦しい状態になるかと思います。

お孫さんなどと一緒にお風呂に入っていれば緊急事態だということが

わかりますが、本人一人だとどうしようもありません。

助けを呼ぶこともできないのです。

そのような場合、お風呂場から居間にいるご家族の方に
緊急呼び出しできる「緊急連絡システム」があれば安心です。

本人に代わって、大きな音を出し周囲に異常を知らせることができる他、

異常信号を居間に送信するこができます。

ご家族の方を含め、周囲に異常をいち早く知らせることができるので、
早期に対応することができます。

万が一のときは、早期発見・早期対応が必要です。

いち早く対応することで、最悪の事態を免れることができます。

これからの季節、肌寒い日が続くようになります。
ますます、入浴前後の室温差が大きくなる時季になります。

今の時期に、万が一のための安全対策の見直しが必要ではないでしょうか。

セキュリティハウスでは、浴槽用緊急呼出しセットをはじめ、

さまざまねヘルスケア商品のレンタル機器を取り揃えています。

【セキュリティハウス:浴槽用緊急呼出しセット(レンタル)】

投稿者:総合防犯設備士(2010年9月13日 11:28)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る