1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 正月早々に仏像盗難。仏像盗難防止の方法は・・・

レンタルde防犯ブログ

正月早々に仏像盗難。仏像盗難防止の方法は・・・

 日蓮宗大本山「池上本門寺」(東京都大田区)に安置されていた仏像が盗まれていたことが8日、警視庁池上署への取材で分かった。

 同署などによると、盗まれたのは本堂横の経蔵(きょうぞう)と呼ばれる建物内に安置されていた2体の如来像(ともに高さ約68センチ)と宝塔1体(同約85センチ)で、「一塔両尊形式」と呼ばれる木製の仏像一式。7日午前10時ごろ、お経をあげに経蔵を訪れた同寺の僧侶が、仏像がなくなっているのを発見した。

 昨年12月30日夕方ごろには経蔵内にあるのが確認されていたが、年末年始は経蔵を参拝客に開放していたという。

(産経新聞 1月8日(日)より引用)


年始早々関係者は相当のショックを受けられたものと推測します。

年末年始の初詣でに合せて仏像を盗んだのだと思います。

そういう防犯対策をしていたのかはニュースではあきらかではありませんでした。

仏像盗難防止のためには、仏像のあるエリアに人が侵入した時に ベルやサイレンで威嚇撃退する方法を採用することをお勧めします。
そして、追加で、iPadでカメラのリアルタイムの映像を確認することをお勧めします。

実際に導入された方の声は、「導入して安心になった」「画像で確認できるので便利」というもので

本当の安心を得ることができます。

仏像盗難防止システム導入の声をぜひ参照して、できる防犯対策を実施してください。

防犯システムを導入するには、現金、リース、クレジット、レンタルがあります。最寄りの防犯設備士のいるセキュリティハウスにご相談ください。

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月10日 11:00)

  

ページの先頭へ戻る