1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 犬泥棒

レンタルde防犯ブログ

犬泥棒

泥棒が犬を嫌うかどうかという話を時々耳にします。
正解は、泥棒によって違う、ということで、犬を嫌う泥棒もいれば、犬を簡単に手なずける泥棒もいます。

今回は犬を盗んだ?泥棒のお話です。


小型犬13匹"誘拐"した男逮捕 兵庫県警生田署

 小型犬13匹が乗ったワゴン車が盗まれ、翌日に駐車場に放置されているのが見つかった事件で、兵庫県警生田署は22日、窃盗容疑で住所不定、無職男(36)を逮捕した。「寒さをしのぐため盗んだ。車に乗ってからイヌがいるのに気付いた」と供述しているという。

 逮捕容疑は8日午後6時半ごろ、神戸市中央区花隈町の路上で、トリマー養成専門学校のワゴン車を盗んだとしている。

 同署によると、学校近くの防犯カメラに写った男が、万引事件で逮捕された容疑者と似ており、車内に残された指紋と照合したところ一致した。
(産経新聞 2月23日(木)より引用)


実際には犬を盗んだのではなく知らずに車を盗んだということです。

13匹も乗っている車に乗って、驚いたことでしょう。

一般的に最近はペット化しているので、犬は番犬にはならなくなってきています。特に室内犬はその傾向にあるようです。
実際に、犬そのものが盗まれている事件も発生しています。

飼い主にとってペットは家族そのものです。
大切な家族を盗まれないようにするためにお勧めのシステムがあります。

iPadで外出先でもペットの様子をリアルタイムの動画で確認できるi-NEXTシステムです。

自主警備システムと連動させれば、侵入者など異常発生時に携帯電話にメールでお知らせ。同時にiPadで画像確認ができます。

遠隔画像確認システムでより安心なペットライフを楽しんでください。

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月28日 11:01)

  

ページの先頭へ戻る