1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 大分で消防署で消防服が盗まれる。今年4件目。

レンタルde防犯ブログ

大分で消防署で消防服が盗まれる。今年4件目。

窃盗:消防服、また盗難 耶馬渓で県内4件目、センサー検討の矢先 /大分

 中津市消防本部耶馬渓分署は7日、消防服など計16万円相当が盗まれたとして警察に被害を届け出た。県内各消防からは昨年11月以降、同様の被害が相次ぎ、今回で4件目。一般人が着用しても罪には問われないが、実用的意味があるとは思えず、関係者は「何のために」と首をひねる。
 同本部によると、防火服、帽子、ヘッドライトなど一式を分署内の車庫の回転式収納ボックスに掛けていた。5日午前8時半まではあったが、7日朝の始業点検の際、ないことに気付いたという。

 消防車出動時は服は外から丸見えのため、センサー導入を検討し、業者の見積もりを取ったばかりだった。

 県内では昨年11月に国東市、12月に別府、竹田市で消防服などの盗難が判明。いずれも意図は不明だが、原価5万数千円の防火服がネットオークションで8万円近い値札が付いたケースもあり、各警察署とも「ネットオークションで売るなどあらゆる可能性も視野に、窃盗容疑で捜査する」としている

(毎日新聞 2月8日(水)より引用)


消防服を盗んでオークションにかけるつもりだったのでしょうか?

動機は不明ですが、4件目ということで、結果的にもう少し早めの防犯対策が必要であったようです。

建物への侵入者を侵入検知センサーが検知したらその場でベルやサイレンを鳴らす自主機械警備システムがお勧めです。

侵入検知センサーは、窓・扉開閉検知センサーと人感センサーの二重警戒を行うことが大切です。

万が一の異常発生時には、あらかじめ設定した通報先5箇所へメール・音声で自動通報します。

以前消防自動車を盗んだ泥棒がいましたが、泥棒の中には「何のために??」というものを盗むものもいます。

「まさか・・」という前にぜひ対策をお勧めします。

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月 9日 11:02)

  

ページの先頭へ戻る