1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 出店荒らしに対する防犯対策は?

レンタルde防犯ブログ

出店荒らしに対する防犯対策は?

和歌山で出店荒らしを繰り返していた男が逮捕されました。


窃盗:無職男、容疑など92件で立件し捜査終結 /和歌山

 県警捜査1課、御坊、田辺、和歌山西署などは17日、出店荒らしなどを繰り返したとして、和歌山市鷺ノ森新道、無職男(36)=窃盗罪などで公判中=について、92件(被害総額約230万円)の窃盗容疑などで立件し、捜査を終結したと発表した。
 同課によると、昨年10月、御坊市のたばこ店でテレビを盗んだとして窃盗容疑などで逮捕された。08年11月~11年10月、県内や岡山など2府11県の学校や店舗で約150件の窃盗などを繰り返したと供述。裏付けがとれた分を立件した。

(毎日新聞 2月18日(土)より引用)


2府11県と広域に渡って侵入窃盗を繰り返していたようです。

「出店荒らし」とは、「出店荒らし」とは、休日又は夜間に無人になる店舗に侵入し、金品を窃盗するものです。

今、愛知県、大阪府などで「出店荒らし」が急増しています。

外国人窃盗団により3分以内に犯行を終えて退散、警備会社が到着した時にはもはやもぬけの殻となっている事例も多いようです。

こうした短時間化した「出店荒らし」に対する防犯対策は、
●その場で犯行を継続しにくように「音」「光」「霧」による威嚇撃退を行う。

特に「霧」による威嚇撃退は視界を遮り犯行を継続させない効果がある。

●犯罪者にターゲットにされないようにセキュリティキーパーなどを店舗の外の目立つところに取り付ける。

といったことが効果的です。

犯行に遭ってから対処するのではなく、犯罪を予防する。
そして万が一犯罪に遭った場合にも被害を最小に抑える。

それが防犯を考える上で非常に大切なのです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月20日 11:06)

  

ページの先頭へ戻る