1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 防犯について

レンタルde防犯ブログ

犬泥棒

泥棒が犬を嫌うかどうかという話を時々耳にします。
正解は、泥棒によって違う、ということで、犬を嫌う泥棒もいれば、犬を簡単に手なずける泥棒もいます。

今回は犬を盗んだ?泥棒のお話です。


小型犬13匹"誘拐"した男逮捕 兵庫県警生田署

 小型犬13匹が乗ったワゴン車が盗まれ、翌日に駐車場に放置されているのが見つかった事件で、兵庫県警生田署は22日、窃盗容疑で住所不定、無職男(36)を逮捕した。「寒さをしのぐため盗んだ。車に乗ってからイヌがいるのに気付いた」と供述しているという。

 逮捕容疑は8日午後6時半ごろ、神戸市中央区花隈町の路上で、トリマー養成専門学校のワゴン車を盗んだとしている。

 同署によると、学校近くの防犯カメラに写った男が、万引事件で逮捕された容疑者と似ており、車内に残された指紋と照合したところ一致した。
(産経新聞 2月23日(木)より引用)


実際には犬を盗んだのではなく知らずに車を盗んだということです。

13匹も乗っている車に乗って、驚いたことでしょう。

一般的に最近はペット化しているので、犬は番犬にはならなくなってきています。特に室内犬はその傾向にあるようです。
実際に、犬そのものが盗まれている事件も発生しています。

飼い主にとってペットは家族そのものです。
大切な家族を盗まれないようにするためにお勧めのシステムがあります。

iPadで外出先でもペットの様子をリアルタイムの動画で確認できるi-NEXTシステムです。

自主警備システムと連動させれば、侵入者など異常発生時に携帯電話にメールでお知らせ。同時にiPadで画像確認ができます。

遠隔画像確認システムでより安心なペットライフを楽しんでください。

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月28日 11:01)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る


大分で消防署で消防服が盗まれる。今年4件目。

窃盗:消防服、また盗難 耶馬渓で県内4件目、センサー検討の矢先 /大分

 中津市消防本部耶馬渓分署は7日、消防服など計16万円相当が盗まれたとして警察に被害を届け出た。県内各消防からは昨年11月以降、同様の被害が相次ぎ、今回で4件目。一般人が着用しても罪には問われないが、実用的意味があるとは思えず、関係者は「何のために」と首をひねる。
 同本部によると、防火服、帽子、ヘッドライトなど一式を分署内の車庫の回転式収納ボックスに掛けていた。5日午前8時半まではあったが、7日朝の始業点検の際、ないことに気付いたという。

 消防車出動時は服は外から丸見えのため、センサー導入を検討し、業者の見積もりを取ったばかりだった。

 県内では昨年11月に国東市、12月に別府、竹田市で消防服などの盗難が判明。いずれも意図は不明だが、原価5万数千円の防火服がネットオークションで8万円近い値札が付いたケースもあり、各警察署とも「ネットオークションで売るなどあらゆる可能性も視野に、窃盗容疑で捜査する」としている

(毎日新聞 2月8日(水)より引用)


消防服を盗んでオークションにかけるつもりだったのでしょうか?

動機は不明ですが、4件目ということで、結果的にもう少し早めの防犯対策が必要であったようです。

建物への侵入者を侵入検知センサーが検知したらその場でベルやサイレンを鳴らす自主機械警備システムがお勧めです。

侵入検知センサーは、窓・扉開閉検知センサーと人感センサーの二重警戒を行うことが大切です。

万が一の異常発生時には、あらかじめ設定した通報先5箇所へメール・音声で自動通報します。

以前消防自動車を盗んだ泥棒がいましたが、泥棒の中には「何のために??」というものを盗むものもいます。

「まさか・・」という前にぜひ対策をお勧めします。

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月 9日 11:02)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る


1月26日は「ワンドア・ツーロックの日」

1月26日が1ドア2ロックの日に制定されました。
1つのドアに補助錠を追加して2つ以上にしましょうという提案です。
その中で、ポストセブンの記事を紹介しましよう。



侵入犯罪 ピッキングやバールのこじ開けから新たな手口へ
NEWS ポストセブン 1月26日(木)7時6分配信

今年から1月26日は、不正侵入の手間が倍になり、確実に防犯レベルをアップさせるという観点から警察庁でも推奨されている、1つのドアに2つの錠前を取り付けることで防犯強度を高めるという「1ドア2ロックの日」に制定された。
元警視庁の窃盗事件捜査の刑事でもあった防犯アドバイザーの富田俊彦さんは、「ウチは大丈夫、と油断してなかなか日頃は防犯を意識することも少ないが、犯罪にあう前に我が家でできることをこの機会にぜひ考えてほしい」と話す。

――最近多い空き巣の手口とは?

「ピッキング防止法の制定や地域ぐるみの自主パトロールなどにより、空き巣被害は9年連続で減少しています。しかし、外国人窃盗団によるピッキングや、錠前内部のサムターン(ドアの内側の回転する部品)を回して解錠する、バールで錠前をこじ開けるといった侵入手口に代わって、戸建て住宅ではガラス破り、中高層マンションでは無締りからの侵入が多くなっています。年末年始から春先にかけては、旅行や帰省などで家を空けることが多いので、いつにも増して注意が必要です」(富田さん・以下「 」内同)

――泥棒に入られないための対策は?

「泥棒は防犯の手を緩めると、その弱いところを狙ってきます。泥棒が狙う家のポイントは
【1】安全=侵入を見られない
【2】容易=簡単に家の中に入れる
【3】確実=盗むものがある
の3つ。

夜になっても部屋の電気がつかなかったり洗濯が干しっぱなし、郵便物や新聞がポストに溜まっているという家は、家人の留守の時間が長く、泥棒にとっては安全な家。戸締りがしていない、錠前が簡単に開けられるタイプは侵入が容易な家になるわけです。こうしたことに対策を立てることで、泥棒に敬遠される家にすることができます」

――防犯対策には費用や手間がかかるのでは?

「防犯対策にもさまざまなものがありますが、高価な物がいいというわけではありません。泥棒を悩ませる、入りづらいなと思わせる家にするために我が家はどうすればいいのか、現状を知った上で選択することが大切です。

泥棒は侵入に5分かかると7割、10分以上かかるとほとんどがあきらめると言われています。ピッキング対策だけでなく、最近増えているガラス破りや無締り箇所からの侵入に対して、ドアや窓に補助錠を取り付ける1ドア2ロックが効果的です。

特におすすめなのは、最新の防犯基準をクリアし、5分以上の不正解錠にも耐えるピッキング性能と鍵穴壊し性能を持ち、バール攻撃など5分以上の破壊行為にも耐える『CP認定錠』と呼ばれる錠前を玄関ドアの補助錠として取り付けること。

取り付けは工賃含め約3万円くらい、鍵は一度取り付ければ長期間使用するのですから安全・安心を買うためには決して高い買い物ではないはず。信頼できる街の鍵屋さんに相談してライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。また自治体によっては防犯助成金制度もあるので、活用されることをおすすめします。

また、玄関ドアに補助錠を取り付けると、持ち歩く鍵が2本になって開け閉めが面倒ではという人には、今使っている鍵やオートロックの鍵と新たに取り付ける補助錠の鍵を同一にし、1本の鍵でそれぞれの錠の開け閉めができるタイプもありますよ」


簡単にいうと、泥棒の嫌がることをしましよう、ということです。
泥棒は、完全犯罪を狙っているので「安全性」「容易性」「確実性」の面からターゲットになる先を決定します。そのために何日も下見をしたりしています。
そういう泥棒のチェックするポイントは何点かありますが、
・自分の姿が隠れる死角があるか?
・侵入しやすい窓・扉があるか?
・不在か?(照明・洗濯物・郵便物など)
・防犯意識が高いか?
といったことを見ています。

そういう泥棒の心理を逆手に活用して「ここは防犯意識も高くすごい防犯対策をしているので侵入するのはやめよう」という気持ちにさせることが、犯罪に遭わない究極のポイントです。そういう「抑止力(予防)」が防犯にはもっとも大切です。

セキュリティハウスは、防犯は予防こそが最も大切だと考えています。

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月26日 10:45)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る


空き巣中国人窃盗団の手口。

 民家から現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで、中国籍の横浜市南区永楽町、自称建設業男(21)ら男3人を逮捕した。同課によると、3人はいずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月27日、横浜市旭区の自営業の男性(70)方に侵入し、現金約4万3千円とネックレスなど計6点(51万円相当)を盗んだとしている。

 同課によると、昨年9月ごろから、同区や東京都町田市などで、無人の一戸建てを狙った空き巣が計約70件(被害額約3100万円)発生しており、関連を調べている。
(産経新聞 1月19日(木)より引用)

中国人窃盗団による空き巣。被害3,100万円。
無人の1戸建て住宅を狙っていた可能性があるようです。

無人の1戸建て住宅の場合、窓、その他の出入り口、表出入り口の順に侵入口となります。手口としては、「無締まり」「ガラス破り」が非常に多く、その後「ドア錠破り」「合鍵」「その他の施錠開け」と続きます。
無締まりは、施錠をしていない状態ですからそれをやめることは防犯対策の第一歩としてぜひ実施してください。

そのあと、窓の強化です。

ガラス破り対策として、補助錠、防犯フィルム、防犯ガラス、防犯システムをできるところから設置してください。

侵入者は、「侵入に時間がかかること」をもっとも嫌います。
なぜなら「人目につくから」。

そしてそれは、「誰かに顔を見られる可能性があるから」なのです。

防犯システムを考える時、こうした泥棒の心理をきちんと把握して

対策を立てることが重要です。

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月19日 10:53)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る


16大学、大学病院に50回侵入

「16大学で480万盗んだ」という男。

 東京都目黒区の東京大学駒場キャンパスで現金などが盗まれた事件で、別の大学で現金を盗んだとして起訴された男が関与を認める供述をしていることが21日、警視庁牛込署への取材で分かった。
 同署によると、男は住所不定、無職A(51)=窃盗罪などで起訴=。今年2月以降、関東や京都など1都1府6県で、少なくとも16の大学や大学病院に約50回侵入し、現金計約480万円を盗んだと話しているという。同署は近く、窃盗や建造物侵入の疑いで追送検する。 

(時事通信 12月21日(水)より引用)


大学や大学病院の事務室に侵入し現金を盗んでいたとみられます。

この大学や大学病院、この男がなぜターゲットにしていたかというと、

「人の出入りが多く、侵入しやすいから」

大学では、夜遅くまで研究などで学生や教授が出入りしています。
理工学系になると深夜まで研究もざらとか。

大学病院でも同じで、入院施設があれば入院患者の家族など夜遅くに建物内にいても誰も不審に思わない状況です。

ある関西大手の大学でも、ノートパソコン数十台のあるエリアに外部から簡単に入れるところがありました。その無防備さに驚きました。
学生証を使った入退出管理システムをご導入いただきましたが、

防犯のプロとしては、侵入警戒システムや防犯カメラとの連動をぜひご採用いただきたかったです。

こうした状況から「大学は入りやすい」といったことを豪語する大学専科の泥棒もいるのです。
今回の泥棒は現金を盗んでいましたが、あるものはノートパソコンを盗んで換金していました。ノートパソコンは中古でも売れるのです。数十台持ち込んでも不審に思われず現金に換わるのです。

こうした状況では泥棒のターゲットになるのもうなずけます。

大学、大学病院の事務室には、入退出管理システムと侵入警戒システムとの連動をお勧めします。
又、ノートパソコンには持ち出し防止システムをお勧めします。

大学は入試も侵入も「入りやすい」というのは評価を下げます。

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月22日 11:08)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る