1. HOME
  2. レンタルde防犯ブログ
  3. 旅行中の防犯

レンタルde防犯ブログ

旅行中に空き巣被害。貴金属1200万円。

一人暮らしのパート女性の"虎の子"貴金属1200万が盗難被害に遭いました。


●8日午後11時15分ごろ、茨城県守谷市薬師台のパート事務員の女性(60)から「自宅リビングの窓ガラスが割られている」と110番通報があった。

県警取手署員が駆けつけたところ、1、2階の部屋が荒らされ、現金約26万円と指輪やネックレスなどの貴金属類やブランド物のバッグなど約110点(計1200万円相当)がなくなっていた。

女性は1人暮らし。
同日午前5時15分ごろ、日帰りで温泉旅行に出かけ、午後11時ごろ帰宅して被害に気付いた。

女性は10年ほど前に夫と死別。貴金属類はほとんど自分で買いためていた。
(5月10日 産経新聞より引用)


日帰り旅行に出かけたところを空き巣に侵入されて被害。

これは偶然でしょうか?

あまりにも高額窃盗であること、日帰り旅行の日に被害に遭っていることから、狙われていた可能性もあるのではないかと推測します。

泥棒は色々なところから情報収集をして、又「下見」をしてターゲットを選びます。
貴金属・ブランドバック110点、1200万円相当というとかなりの数です。身に付けていても目立つでしょうし、お店にとっても上得意。近所で、職場で、お店で・・・「貴金属やブランドバックを持っている」という情報はどこからか聞こえていたかもしれません。

旅行中ということで、夜になっても照明がついていなかったとしたら無人であることが外からでもわかります。
まして、一人暮らしであることも下調べされていたとしたら、朝出かけたのを見届ければ留守であるということ。

そうしたことも情報を入手している可能性があるのです。

「ちょっと温泉に行きます」なんて同僚に話しているのを隣で泥棒が聞いている可能性もあるのです。

外出時には泥棒に留守であることをさとらさないようにすることが大切です。
● 室内照明をつける。又はタイマーで夕方になったら自動点灯させる。

● 洗濯物は屋外に干さない。

● 新聞は長期不在の場合は止める。

● 郵便物が郵便受けに溜まって外から見える、ということがないように配慮する。

そしてホームセキュリティシステムを設置する。
防犯はレンタルでも設置できますので、相談してください。

短期レンタルを実施しているセキュリティハウスもあります。

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月10日 11:49)|記事URL

  

ページの先頭へ戻る